日々の感動 ときどき猫


by ちえ窓
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:散策、旅( 92 )

日にちがたってしまいましたが、北海道旅行、礼文利尻島からの続きです。

29.9.28
三日目は利尻島から稚内へ 船で100分
天候は良さそうです。
利尻富士が見送ってくれています。

c0367054_19122188.jpg


c0367054_19123944.jpg


稚内から宗谷岬に来ました。
風が強く寒い。
日本最北端の地です。
なんの苦労もしないでバスに連れてきてもらっただけですが、最北端と言うだけでいいもんです。

この先に見えるはサハリン

c0367054_19130028.jpg


この後は層雲峡に向かいますが、途中猿払でホタテづくし昼ご飯です。
猿払村はホタテの養殖をしているところ。
ホタテ漁ですご~くリッチな村なんだそうです。
ひとり4000万円くらいの収入とか、所得税の支払いが全国で14位とかガイドさんが言ってました。
昔昔貧乏なときがあったらしいですが、村長さんたちの並々ならぬ努力があってと今に至ると苦労話を聞きました。

夕方層雲峡に着きましたが、寒いです。
今回の旅行で一番寒い。
ここに泊まります。

お部屋に入ってビックリ。
入ると小さな畳の間、そして次の間があり、更に奥にも和室、広いです。
ツアーでこんな良い部屋ってあり? 
聞いたところ、部屋が満室で良い部屋になったとか。
最後の宿泊は豪華版でうれしい。

層雲峡観光ホテルは大きい。
食事はブッフェスタイルで美味しいものいっぱい並んでいますし、お風呂も広い。
混浴もあるって聞いてえ~と思ったたけれど、混浴用の衣服を着て入るのでした。
入った人の話では広くてすご~く素敵なところだったよって。
私は女湯に2回も入ったので、混浴を体験する元気がなかったのでした。
つづく


[PR]
by chie2317 | 2017-10-13 20:32 | 散策、旅 | Comments(0)

利尻島

29.9.27 午後
礼文島で昼ご飯の海鮮丼を食べてから、船で利尻島へ渡る。
ここは島の真ん中に利尻富士があり、円形の島で礼文と違って木が一杯生えている。
ガイドさんは利尻島との違いを、信号機が三つありセブンイレブンも何とかもあるなど、面白おかしく話してくれた。
因みに礼文は信号機いらないけれど、子供たちの教育のために一つつけてあるそうだ。

雨は降ったりやんだり
仙法志御崎公園 利尻の最南端
c0367054_20283631.jpg


オタトマリ沼
晴れていたら利尻富士がよく見えるところ
c0367054_20343708.jpg


白い恋人の丘 展望台に立ち寄ったが、雨が降ってきたので行かない私たちは、土産物屋さんで時間を過ごした。
トドの肉を売っていた。
買った人のを一切れもらって食べた。
味はなんと言ったら良いか獣の感じがした。

宿泊は田中屋ひなげし館 

c0367054_20535294.jpg


夜「星空ウォッチング」があったけれど疲れて参加しなかった。
朝飲んだ酔い止めの薬が一日中効いていて、夜になっても眠く早く休んだ。
宿から見る空は曇りだったけれど、出かけた先では星空がきれいだったと朝聞いた。

ホッケの煮付けを初めて食べた。
初めて見るホッケの煮魚に違和感あったけれど、普通に美味しかった。
私たちの所ではホッケの干物しか売っていないけれど、こちらでは生が売っていた。




[PR]
by chie2317 | 2017-10-05 21:11 | 散策、旅 | Comments(4)

礼文島

29.9.27
稚内から船で渡る。
朝5時半出発 こんなに早くてビックリ! 北海道は朝が早いとガイドさんが言う。

稚内から礼文島まで、地図では近いようなんだけれど、二時間かかる。
波が荒いので酔い止めの薬を飲む。
船は床で横になっている人が多く、私たちも同じようにして眠った。

礼文島は丘のようなところで木が生えていない。
刈り込んだようにきれいで十国峠のよう。
スカイ岬、スコトン岬では強風で記念写真の髪がワカメにように逆立って写った。
そのうち雨が降り出す。

北のカナリヤパーク 映画のロケ地で小学校が建っている。
1月の厳寒の中でロケが行われたそうだ。

むかしむかし、職場に礼文島出身の人がいたことを思い出した。
日本人離れした(ロシア系)美人で歌が上手だった。
私の育った環境では歌がうまい人いなかったので、普通の人がなんという美声と驚いたのだ。
ここで育ったんだぁ 静岡から遠いよね あの頃はそんなこと考えもしなかった。


スコトン岬
c0367054_18004606.jpg

[PR]
by chie2317 | 2017-10-04 18:09 | 散策、旅 | Comments(4)

北海道 稚内 一日目

29.9.26
9月末の北海道に出かけるに当たって服装に悩んだ。
紅葉も見られる晩秋の気候ってどんなだったかしら。
こちらでは日中は半袖だから、こんな暑い時に服装を考えるのは難しい。
気温は最高15度と添乗員から直接聞き、やっと冬のジャンパーとセーター持って行く気になった。

静岡空港(11:45発)から丘珠空港(13:30着)へ
空港から稚内へバスで長距離移動 20時到着ちょっと疲れた。
今日の宿は「ホテル大将」名前にふさわしい威勢の良いご主人が迎えてくれ、疲れが少し取れる。

夕食は二人で毛ガニが一匹と聞いていたが、見てビックリ 見事に半分に切れていた。
友人は蟹はいらないと言うのでわたしが一匹いただいた。
鍋はたこシャブ二切れ、鍋に入れたらシワシワ縮んで、少なくて食べた気がしない。
c0367054_20064390.jpg
今回のツアーは、女性二人組の私たちを除いて熟年夫婦ばかり、全部で36人。
和やかな人達の集まりで良かった。
温泉はお肌ツルツルに   気持ち良く暖まった
小さなお部屋で早めに休む、明日は朝5時半出発で礼文島へ行く。







[PR]
by chie2317 | 2017-10-02 20:53 | 散策、旅 | Comments(0)

JR割引券

先月、長野へ行きました時、ジパング倶楽部の会員になりました。
静岡から長野まで直線で北に向かっていけば近いようですが乗り換えが多いので、東京経由で新幹線に乗っていきました。
運賃は往復26,360円 ジパング倶楽部会員21,060円 差額5,300円
年会費3,770円を払っても安い。

距離201キロ以上から使えるので、ここからですと名古屋往復、東京は片道の距離。
最初2割引き券3枚使ってから4枚目以降3割引。

2年目はすべて3割引
たくさんお出掛けする人はすごくお得よね。
私の場合、娘の所に行く時使える。

パック旅行には使えないので、自分で計画して行かなくては。
行きたいところ奈良なんだけれど、こちらは新幹線往復+宿泊代のチケットを買った方がお得みたい。

使えるところでと考えると国東半島の磨崖仏も一度見てみたいと 妄想・・


[PR]
by chie2317 | 2017-09-22 07:19 | 散策、旅 | Comments(6)
29・8・26~8・27
最寄りの駅を7:20出発
東京経由長野駅乗り換え三才まで。
紙芝居倶楽部の会長を除いて他4人は初めての参加で期待に胸弾ませ向かいました。
大会は、二日間あるので一泊します。

会場は清泉女子大学、長野駅から二駅のところにある自然豊かなところです。
参加者は全国から400人以上、延べ人数は700人と聞きました。
開会式は、実行委員長が玉乗りで登場、この方、夜にはピエロになり技をいっぱい見せて下さるのですが、トークも面白い。

地元小学生の合唱団

c0367054_17355766.jpg

その後各分科会に分かれて、「紙芝居を介護に楽しく生かす」を聞きました。
紙芝居作家の87才の男性が「待ちぼうけ」を実演され味わい深いと感じました。
♪待ちぼうけ 待ちぼうけ ある日せっせと野良かせぎ
の紙芝居は絵がとてもリアル、最後の方はすごいことになっているのだ。
実演を聞くといいなと思うも、自分たちで演じるのはとても自信がない。

c0367054_17335656.jpg


ホテルは大学からバスで一時間、周辺はスキー場があるところのホテル。
夕食後はホテルの会場6カ所に分かれて「とことん紙芝居」10時過ぎまで、私たちも実演参加しました。
分科会の中には「紙芝居をつくる」と言うのもあり、自作の紙芝居を演じたかたが何人かいました。

夜に弱い私たちはよれよれになってお風呂に入り就寝。
長野の夜風は冷たく心地よい、水道の水も冷たい。

翌朝、外を見たら人か集まってなんかやってる!!行ってみると「笑いヨガ」でした。
朝から無理にでもいっぱい笑って昨夜の疲れが取れた気がしてきました。

二日目は「紙芝居の演じ方ってなあーに?」の分科会に参加
一つの紙芝居を三人が演じて見せ、同じ紙芝居でも演じ手が変わるとこんなにも違うのだ!!というところを見せてもらいました。
紙芝居は演じての個性がとても出ることがわかりました。

二年に一度開かれる大会は、次回山形県、その次は福井県
演じ手がユニークで個性を持った方々ばかり、まねなんて出来ませんがとても勉強になりました。
紙芝居って紙一枚の薄っぺらじゃない、単純じゃない、生きている、躍動感があると感じてきました。


[PR]
by chie2317 | 2017-08-30 17:51 | 散策、旅 | Comments(4)

海王丸 御前崎港寄港

13:00から帆を張るセイルドリルを見るため御前崎港に行きました。

帆船を見るのは初めてかっこいいです。
c0367054_22124451.jpg

船の先端にいる女神様
横笛を持っている船の守り神 
c0367054_22485665.jpg
海王丸パンフレットによると乗組員は職員 部員 実習生 計170名
進水 平成元年   2556トン
帆の枚数 36枚

4本の帆柱の下に分かれ帆を張るところです。

c0367054_22251326.jpg

ロープのはしごに素足で登ると痛いが、安全の為と訓練のためと言っていました。

c0367054_22155116.jpg

c0367054_22260978.jpg

ロープをほどいているところ
c0367054_22264717.jpg

帆を張るのに一時間
写真の状態は全部張ってから一部畳んである。
c0367054_22275194.jpg
若者が頑張っていました。
訓練生(19才から20才)は、卒業すると船の関係の職に就き将来は船長だったりする。
8月1日 出港


[PR]
by chie2317 | 2017-07-30 22:52 | 散策、旅 | Comments(2)

無人自動操縦車

ハウス食品工場社会科見学

工場は広いけれど人はあまりいません。
前方から車が静かにやってきました。
c0367054_21463678.jpg


こちらは無人の輸送車
出来た製品を運んでいます。

c0367054_21471572.jpg

c0367054_22013347.jpg
静岡工場では、レトルトカレーととんがりコーンを製造
レトルトカレーの工場は日本一世界一の規模だそうです。
にんじんジャガイモ肉が一食分づつカップに入ってから、ルーと一緒に袋の中へ、125℃の高温の圧力釜に40分入って出てきて検査、梱包されるところを見学しました。
上写真はスタッフのお勧めカレー。


[PR]
by chie2317 | 2017-07-13 22:15 | 散策、旅 | Comments(0)

スーパーカー?

c0367054_21525695.jpg
この車なんだか知っていますか?
私、初めて見ました。
自動芝刈り機なんですって。

ハウス食品の工場見学に行って、敷地の芝を刈っているのを見ました。

c0367054_21564911.jpg
こんなに小さいのによく走っています。
写真撮っていたら近づいてきました。
敷地には広い芝生がありました。
c0367054_22002195.jpg




[PR]
by chie2317 | 2017-07-12 22:02 | 散策、旅 | Comments(2)

磐田市見付観光

c0367054_17104619.jpg
森町からの続き 
天宏でお昼ご飯です。
以前、ここで食べようと行ったら休みで悔しい思いをしましたが、二年ぶりに来ることができました。

天宏ではかき揚げ丼一枚のせをいただきました。
好みの味で美味しかったですが、量が多くてお腹いっぱい。
半分にして持ち帰りたいくらいでした。
かき揚げ二枚のせというのもあり、あのボリュームは若い人でないと食べられないでしょう。

食事の後は、隣にある旧赤松家を見学
レンガ造りの邸宅は、赤松則良が明治20~30年に建築
赤松則良・・咸臨丸で渡米 遣米使節団への随行、オランダ留学にて造船技術を習得、明治時代に爵号授与
この日は源氏物語絵図屏風(徳川家達16代より拝領)が展示されていていました。

次は旧見付学校 明治8年落成
教室の中は昔の机椅子 教科書が置かれていて、みんなで座って教科書を開いて話が盛り上がって動こうとしません。
カタカナで書かれた教科書は読みにくいけれど、紙質や絵に味があって時代背景が伝わってきました。

キキョウ寺から始まり、一日たっぷり見学。
もう7、8回目になるK崎ツアー無事行ってきました。
29.6.28
[PR]
by chie2317 | 2017-07-02 18:35 | 散策、旅 | Comments(2)