日々の感動 ときどき猫


by ちえ窓
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

鼻炎

c0367054_09361893.jpg
鼻炎の兆候を感じているこの頃でしたが、山の畑で大根ぬいていたら、くしゃみが止まらない。
急いで家の中に避難しました。
この日から鼻炎の薬が必要となりました。

あたたかくなったので夕方のウォーキングを始めました。
歩く道路沿いに車が何台も止まっています。
耳鼻科に行く車です。
道路に停まっている車の台数を数えたら12台、駐車場に入りきらなくてこの状態。
ウォーキングの帰りに見た光景は、パトカーが「近隣から通報がありました、速やかに移動して下さい」と言っていました。
患者にしてみれば、せっかくとった順番が水の泡か・・
会社帰りの人がひどい鼻炎を我慢してやっと病院へたどりついたのではないかと、鼻炎の症状に悩む私は少し同情しました。
鼻炎のない夫は、あれは家族を迎えに来ているのだといいますが。

30代の頃は鼻づまりで眠れなかったり、薬が効かなかったりとありましたが、今は薬が効くので随分楽になりました。
早くこの時期終わってほしいものです。




# by chie2317 | 2019-02-23 22:55 | Comments(4)

稲取で一泊

31.2.7
熱海から稲取に向かいます。
相模湾を左に見ながら南下、海がきらきらとまぶしい。
ホテル稲取荘は海のすぐ側に建ち、部屋からの景色は、いきなり深い海がある感じ。
南側全面窓で、海が広ーく見えて何と何と素晴らしい光景

夕方、つるしびな会館を見学
大きなつるし飾り
c0367054_17533019.jpg



c0367054_17534540.jpg

去年の3月、夫の退職時にいただいた旅行券をまだ使っていなかったので、それを利用していつもより贅沢なお部屋にしました。
風呂付のお部屋で温泉掛け流し、
湯船は黒い石の重厚な作り、海も見えて気持ち良く爽快です。
夫が40年お勤めしたご褒美を私も一緒に頂戴しています。

海の幸三昧の夕食
大抵我が家は出された料理を残さない主義、というか夫が全部食べます。
最近、夫も歳のせいか食べきれませんでした。

c0367054_17551920.jpg



c0367054_21234130.jpg
翌朝は太陽がこんな感じで上がってきました。
右側に小さく船のシルエット

12時頃の駿河湾フェリーに乗って帰って来ました。
猫のユキくんが待っているので早めの帰着です。


# by chie2317 | 2019-02-16 21:46 | Comments(4)

熱海

熱海梅園に行きました。
観光客で賑わっているけれど、花は薄い。
満開なのか終わりなのかよくわからない。
c0367054_09433703.jpg


マンリョウの実がたわわに付いて、赤が冴える。
c0367054_09444016.jpg

これすごく背が高くて見上げて撮る。
こんなに伸びるとは、お見事!! 179.png177.png179.png
c0367054_09485222.jpg


梅園の隣に熱海市立澤田美術館があって、入園者は無料。
澤田政廣(サワダセイコウ)明治27年、熱海生れ 彫刻家
私はこの方を存じ上げなかったのですが
仏教関係の作品があってワクワクしました。
役少角(えんのおづぬ)修験道の開祖の迫力ある彫刻が印象的。

無料で入ったけれど、蓮の花びらのしおり2セット購入2000円
c0367054_12381411.jpg






# by chie2317 | 2019-02-14 12:47 | 散策、旅 | Comments(2)

にらめっこ?

c0367054_22042370.jpg

ユキに興味深々の2歳児が見つめる。
ユキも静かにしている。
今年の春で19歳の猫は、耳が聞こえずらくなってきた。


# by chie2317 | 2019-02-12 22:03 | Comments(4)
2月の富士山 焼津にて
c0367054_19245896.jpg

下娘と2才の孫が一週間帰省して帰って行きました。
帰省中に「ばあば」と言えるようになって、何かして欲しいことがあると「ばあば」と言うので可愛くてついつい言うことをきいてしまいます。
パソコンで電車を一度見せたら、ずっと催促されてごまかすのに苦労しました。

この頃の帰省は新幹線の駅まで送り迎えしています。
新幹線の乗り込むとき「ばあばはここまで後はママと帰ってね」と言うと繋いでいた手をすぐに離しママに手を出しました。
なんかあっさりして軽いショック。
帰ってから「ばあばいない」とずっと言っていると聞き、ニンマリだったのですが。

前回の見送りの時、手を振るのに夢中で、「黄色い線までお下がり下さい」と注意されました。
そのことを忘れないで今度は、最初から線の内側に立ってバイバイしましたよ(^_^;)
これ良く聞く放送ですが、私が注意される事になろうとはまさかの出来事。
こんな風に回りのことに注意がいかなくなることがあるのだと気づかされ、赤面したのでした。







# by chie2317 | 2019-02-10 20:04 | 家族 | Comments(6)