日々の感動 ときどき猫


by ちえ窓
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:散策、旅( 102 )

公園に行く

昨日から上娘と孫が帰省し、我が家は孫パワーに占領されています。
2才になって話が少し出来るようになり面白くなってきました。
大人のしゃべることを真似しています。

それにしても走り回ってばかりで子供ってすごいエネルギーだと感心しています。
じいちゃんは仕事に出かけ、私たちは隣の市の公園に遊びに出かけました。

写真を撮ったときは偶然いませんでしたが、大勢の人でした。
こんなにたくさんの人が利用している公園、使いやすくできていると思います。

藤が終わってツツジが少し咲いていましたが、このあとは菖蒲や睡蓮、蓮です。
木陰やベンチもあり、花や木もたくさんあってお気に入りの公園です。
滑り台で遊びました。

公園内のスタバでイチゴフラペチーノ 滅多に口にしないものをいただき美味しかった~
外でお弁当 こちらも明太おにぎりが美味しかった。 
c0367054_22281720.jpg

[PR]
by chie2317 | 2018-05-01 23:02 | 散策、旅 | Comments(0)

市内をウォーキング

天気が良いのでウォーキングに行く事にしました。
目的地はちょっと遠いけれど牡丹の花が見られるお寺。
八時半に出発、途中の和菓子屋さんで買い物。
最初は大井神社でお参り。
すがすがしい朝の神社は神主さんや巫女さんがお掃除中です。

c0367054_20131940.jpg

c0367054_20134366.jpg

灯籠のあかり
c0367054_20143050.jpg

ここから目的地に向かって、日陰を選びながら路地を歩きます。
いつもは車なんだけど歩くと遠い。
1時間半かかりました。
ここが目的地の静居寺、山門が県文化財。

c0367054_20241964.jpg

牡丹の時期には少し遅かったのですが、きれいな花も残っていました。
c0367054_20244740.jpg

たくさん歩いたので藤棚の下の木陰で一休み、途中で買った柏餅の甘さが体に広がる。
帰りは、行きと違う道、初めての道は景色が違ってどこに出るのだろうというワクワク感があります。
慣れた車道に出たら急に疲れが出てひざが痛くなってきました。
ちょっと歩きすぎ13,000歩でした。



[PR]
by chie2317 | 2018-04-21 20:48 | 散策、旅 | Comments(2)
強い寒波がやって来て、いつもは温暖な静岡も今日ばかりはぐんと寒い。
山の実家では風花が舞っていて「さむ~い」と言っています。

昨日は、いつもの仲間4人で近くをドライブしてきました。
毎年、藁で干支を作る地区があって犬を見に行きました。
土台の骨は木、体型は竹で形を作って藁で覆っています。
大きな犬が親子で三匹、秋田犬でしょうか、本物みたいないい形でとても上手に作ってあります。

ここでデイサービス施設のかたたち2組が見学にいらしていました。
1グループは知り合いで紙芝居に時々行っているところです。

次に行ったところは、日切りの地蔵さん。
するとさっき出会った2グループがいらっしゃるではありませんか。
私たちとコースが一緒なのでビックリして、次はどこに行くか聞いたらここで終わりとのこと。
私たちのドライバーが、実は施設の運転ボランティアをしていたと聞き、コースが同じになるのも不思議じゃないかと納得する。

このあともドライバー任せで行ったところは空港。
少し高くなった所で空港を見ながら、風が強くて押されてよろけそうな状況下で、空港の工事の裏話を聞きました。地元の人なので何かと詳しい。
それにしても風が強く冷たい、厚めのコートと帽子をかぶって行って良かった。

次は空港の先端にある進入灯の橋に連れて行ってくれました。
茶畑の中を走っていくと近くまで行けます。
「ここで飛行機を見ると迫力あるよ~」おっしゃる。
今日は飛ぶ時間を見てこなかったから見られないけどねって
言っているうちに飛行機が突然頭上に現れ、去って行きました。
鉄の塊がすぐ上を飛んで行き、迫力満点。
カメラ用意していないから写真がありませんが、初めて見る光景は今日の一番でした。




[PR]
by chie2317 | 2018-01-24 21:16 | 散策、旅 | Comments(0)

大雄山 最乗寺

三島での用事が早く済み、神奈川県の最乗寺に行くことにしました。
大井松田インターで下りて一本道です。

以前二泊三日で、ご詠歌の研修に行ったことがあります。
研修は朝から夜まで、びっちりしたスケジュールでしたが、楽しみは食事。
美味しい精進料理がでて、みんなで作法にのっとり静かにいただきました。
お寺は深山幽谷にあり、精進料理とお勤めで心身ともに清められたのでした。

そんなことの縁で、後に祈願に行きました。
お願い事は叶っていましたが、まだお礼に行ってなかったので、今日はそれを果たしてきました。

紅葉がきれいな所ですが、きょうは寒々してキリッとしまります。
  
c0367054_20235331.jpg
  
c0367054_20242277.jpg

c0367054_20244571.jpg

c0367054_20245901.jpg

c0367054_20251742.jpg
最乗寺には天狗さんが住んでいますがら下駄が奉納されています。
朝のお勤めの時、ご祈祷で般若心経を太鼓と共にすごい早さで読経し、迫力に圧倒された何年か前のことを思い出しました。

[PR]
by chie2317 | 2017-12-18 20:40 | 散策、旅 | Comments(2)

奥大井方面に出かける

c0367054_19283008.jpg

塩郷吊り橋にて
雲一つないこの空、風もない朝、空気は少し冷たく感じる。
水面は穏やかで鏡のように橋上の人影を移す。
ここから山の方に向かって走ります。



中川根の智満寺に寄り大仏様とモミジの紅葉を拝見
赤色が冴えて、境内のモミジは見頃です。

c0367054_19320671.jpg


c0367054_19303885.jpg


[PR]
by chie2317 | 2017-11-28 19:27 | 散策、旅 | Comments(0)

国際陶芸祭

c0367054_17124262.jpg

ささま国際陶芸祭に出かけた。
いつも静かな里山が土日の二日間は賑わいを見せる。
渋滞になるとうわさで聞いたので、上の娘と孫と一緒に早くから出かけた。
少し冷え込んだ朝、20分前に会場に着き、孫が起きるのを待って入った。
一人500円の入場料を払うと腕にリストバンドを巻かれる。
本部前のテントには作家さんの陶芸作品が並ぶ。

参加者や来場者が若い人達が多いと感じる。
日本の作家さんの作品で、娘はミニ花瓶を私はお皿を購入。
外国の陶芸家さんも多くいらしてスペインの方が多かったみたい。
会場は数カ所に分かれているので、ぐるっと歩いて秋の里山を感じながらの散策だった。


[PR]
by chie2317 | 2017-11-26 17:11 | 散策、旅 | Comments(0)

秋を見に行く

29.11.13
天気が良くてどこかに行きたい気分
娘と孫と出かけました。

高いところから見下ろしています。
c0367054_21061468.jpg

ドウダンツツジの紅葉を見に来ました。
c0367054_21081579.jpg


c0367054_21181459.jpg

古刹智満寺にも寄りました。
ちょうど昼時で和尚さんが打つ鐘の音が聞けました。
本堂の周りには白、薄桃色のサザンカが慎ましく可憐に咲いて参拝者の心を和ませています。

写真は本堂の横にある薬師堂、茅葺き屋根には見事に植物が生えています。
背景と同化して見えにくいのですが。
c0367054_21130982.jpg

c0367054_21194347.jpg

[PR]
by chie2317 | 2017-11-22 21:36 | 散策、旅 | Comments(0)

南房総半島 日本寺など

お久しぶりです。
忙しさと風邪でパソコンに向かう余裕がなくなっていました。
訪問していただいた方には申し訳ありませんでした。

29.10.28
南房総半島の旅行記二日目
お寺ばかり三ヶ寺訪ねます。

檀特山 小松寺
木に囲まれた中を歩いて行きますとお寺が見えてきます。
モミジが有名らしいですがこの時はまだその気配はありません。
ここは神仏習合でお寺と神社が一緒にある


c0367054_21463894.jpg


沖の島という無人島に行く予定が、台風の影響で変更になり、崖観音 大福寺に行きました。
地層の前に建物が建っていて、一見してすごい景色と思います。
ここに上がってお参りしました。

c0367054_21302333.jpg



日本寺
聖武天皇と光明皇后のお言葉により行基菩薩によって開かれたそうです。
由来を聞くと日本寺という名前も納得がいく気がします。
お山全体がお寺ですから一日くらい見ていても良さそうな広さです。
写真は、地獄のぞきと言い、先端に行くと足がすくみました。

c0367054_21552187.jpg


岩山の細い道を歩いて行くと、広い場所に出てそこには、大きな観音様がいらっしゃいました。
百尺観音
c0367054_22054257.jpg

c0367054_22124681.jpg

c0367054_22134001.jpg


大仏さま 薬師瑠璃光如来
江戸時代末期自然の風蝕により著しい崩壊があったのですが、昭和44年復元されました。


c0367054_22141277.jpg
日本寺に来てからは雨が降ったりやんだりでしたが見学に支障はなく予定どおりの行程が終わりました。
今回は二日とも10,000歩を越えよく歩きました。
帰りは、東京湾フェリー、新幹線、JR 21時過ぎに帰着 


[PR]
by chie2317 | 2017-11-12 22:42 | 散策、旅 | Comments(2)
29.10.27
対岸に見える島が仁右衛門島、手こぎ船に乗って渡ります。
ここから見ると三角の小さい島に見えますが、向こう側に平たく広がっていています。
仁右衛門さん個人所有の島だそうです。

c0367054_20164954.jpg

船頭さんはお年寄りで疲れが出るから、エンジンで引っ張ってもらう時もあります。
渡っていくとき、きれいな海水がすぐ近くにあり、気持ち良くもあり怖いような気もしました。
c0367054_20513049.jpg


c0367054_20481489.jpg



c0367054_20484264.jpg


こちらが仁右衛門島に渡ったところ
島の上に上がって行くと古い由緒あるらしき建物が建っていました。
c0367054_20494350.jpg

木の根を利用したベンチ
c0367054_20501558.jpg


この日は野島崎灯台側のホテル南海荘に泊まりです。
c0367054_20570788.jpg



野島埼灯台で遊んだ事を先のブログに載せました。


夕食はバイキング、海の幸がいっぱい。
卓上コンロで網焼きや豆乳鍋、炊き込みご飯と自由に持ってきて出来ます。
写真はお刺身、なめろう、ローストビーフ、揚げたて天ぷら
館内は網焼きの匂いが充満していました。
お部屋はツアーでも和洋室の二間、窓からは海辺と灯台と水平線とが見え眺望が素晴らしい。
一日目は13000歩でよく歩き、温泉に二回もつかって疲れを癒やしました。
c0367054_20593022.jpg


[PR]
by chie2317 | 2017-11-01 21:46 | 散策、旅 | Comments(2)
29.10.28
養老渓谷 粟又の滝
滑りそうな細い道を下っていくと、岩盤を流れる幅広い滝が見えた。
今まで見たことのなかった情景がちょっとうれしい。

c0367054_18331570.jpg

下っていくと全景がみえる
道は相変わらず狭く滑りやすい
山道を歩くことが多いから履き慣れた靴で来るようにと言われたが理解できる。
c0367054_18334952.jpg


c0367054_18341713.jpg


場所を変え、ここがうわさの濃溝の滝
若者が観光地化させたらしい インスタ映えするのでしょうか。
朝日が差し込むと神秘的な情景になるそうだ。

朝日がなくともよい風景です。
c0367054_18471002.jpg

次は仁右衛門島へ向かいます。

[PR]
by chie2317 | 2017-10-30 20:54 | 散策、旅 | Comments(4)