人気ブログランキング |

日々の感動 ときどき猫


by ちえ窓
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:散策、旅( 112 )

お葬式の花

今日は檀家さんのお葬式がお寺で行なわれました。
隣保班の手伝いが夫婦でいらして15人くらい。

最近は葬祭場で行う事が多くなっていて、組のお手伝いがなくなってきています。
組の老齢化により手伝える人がいないのが理由でしょう。

今日のお寺でのお葬式は、受付と食事の配膳と片付けを組の人に手伝ってもらっていました。
葬列を組んで回る事はやめました。

葬儀が終わった後、花屋さんが飾った花を持ち帰っていただくよう束ねて用意しますが、いらないと言う人が多くて、たくさん花束が残っていました。
お寺の花瓶があるだけ生けて、玄関と本堂に飾り、お墓にも持って行きました。

結婚式の花は喜んでいただくけれど、お葬式は遠慮したい雰囲気がある。
負のイメージを払拭させるため
故人を偲んで飾ってくださいとアナウンスがあるといいなと思いました。



c0367054_19455674.jpg

これは我が家の牡丹、毎年花を咲かせます。
去年までは白の斑入りだったけれど、今年は深紅の赤一色。

by chie2317 | 2019-04-12 20:21 | 散策、旅 | Comments(2)

京都3

二日目の朝二条城を散策してから、ホテルのシャトルバスに乗って京都駅八条口、
次は四条河原町でお店みながら歩くです。
北口に行って荷物をロッカーに預けます。
ロッカーも入れ慣れていないからむずかしいと昨日は思ったけれど、今日は2回目だからスムーズ。
地下鉄に乗って行きます。
娘がこちらの大学だったので見覚えがあるところ。

八坂神社に向かって歩き、近づくに従って寄ってみたいお店が出てきました。
子供と以前寄った事があるイノブンというお店
ようじや、おしゃれな布地の財布屋さんと足が止まります。

お昼は細い路地に入ったお店
京に来たからには、おばんざいをいただきたいと思っていたので巡り会えて良かった。

c0367054_17274924.jpg


お昼の後は、清水寺の方に南下します。
歩いている内に雨が降ったりやんだり、京都は天気が変わりやすいみたい。
二年坂はすごい人混み、清水寺には寄らないで五条に来ました。
随分歩いて疲れてバスに乗って駅へ。
帰りはひかりで静岡まで。

良く歩き、良くしゃべった旅行となりました。
お寺の拝観はあまりしなかったけれど、初めての同級生の旅は面白く行ってきました。




by chie2317 | 2019-04-07 18:00 | 散策、旅 | Comments(0)
H31・4・2
ブッフェでは昨夜のように食べ過ぎるからと
二日目の朝食はホテル内の和定食にしました。
ところが本格的な二段の丁寧なお料理にビックリ
喜んでいただきました。

ホテルの前は二条城なので、荷物を預けて歩いて向かいました。
入場料は600円でしたが、中に入るとこの券は二の丸御殿の入れないとのこと。
3月まではそれで入れたそうです。
400円値上げで、実質1000円になりました。
中は外国の人ばかりで渋滞、説明のマイクで聞こえてくるのは英語圏が多かった。
ひときわ賑やかにうぐいす張りの音がする御殿内
団体の間をすり抜けながら足早に進んで来ました。

外に出てお庭を散策してほっとします。
たまに1本満開になっていますが、桜は全体にまだ早い。
ここのお庭をゆっくりと回ることは初めてで、広い境内です。

c0367054_20334901.jpg

出口に向かっていくと売店が並んでいます。
最初のテナントは丹山というお酒を試飲販売しています。
お酒を飲まない私が美味しく感じてしまったのがあり、
パッケージは「風神雷神」これはお土産にしようと購入。
友達もみんなそれぞれのものを買ったので、丹山と書いた渋い茶色袋を下げて5人が歩きます。

お懐紙の店でも足が止まります
お年玉袋、箸袋の折り方を教えてもらって買いました。
この二条城だけでも充分買い物を楽しんでいます。

外に出ると入場券を買うところが行列になっています。
早く入って良かった。
預けた荷物をもって、ホテルのシャトルバスに乗って京都駅に行きます。



by chie2317 | 2019-04-05 20:59 | 散策、旅 | Comments(2)

京都

H31・4・1
同年齢女子5人組で初めての一泊旅行は京都です。
こだまに乗車、何処に行くかは新幹線の中で決めました。
9時半到着、嵐電に乗って仁和寺に向かいます。
御室桜はまだまだ堅いつぼみ、この辺はしっかり調べてないのでだめねぇ

帰るとき門の所でカメラマンと和尚さん方が立て札の前に集まっていました。
落慶法要の立て札、日付けの頭に「令和」と入れる場面だったようです。


次は嵐山
天龍寺の手前にある宝厳院へ向かう道沿いに、リアルな羅漢さまがおられました。
c0367054_20330009.jpg


宝厳院は、テレビで名園と紹介されていましたので是非と思い行って見ました。
c0367054_20372937.jpg



c0367054_20390682.jpg


雨が降りだし、門前の茶店で抹茶パフェを食べながら雨宿り。
雨が小降りになってきたので天龍寺に向かいここでもお庭を鑑賞、お庭を通って竹林へ
混み合っています。
c0367054_20474614.jpg

今日のお宿はANAクラウンプラザホテル、二条城前のきれいなところ。
エースJTBで宿泊と新幹線往復のパックでお得です。
夕食は外の居酒屋を探したけれど月曜日は定休日らしくて見つからず、ホテルのブッフェにしました。
でもここで良かった、外に出たら寒い中帰ってこなくてはならないもの。
おばさんたちの食べて飲んで(私は少しだけ)しゃべって楽しい時間が過ぎました。
和室に5人布団を敷いてもらい、夜はぐっすり寝言もいびきもあったかどうか知らぬまに朝でした。


by chie2317 | 2019-04-04 21:10 | 散策、旅 | Comments(4)

熱海

熱海梅園に行きました。
観光客で賑わっているけれど、花は薄い。
満開なのか終わりなのかよくわからない。
c0367054_09433703.jpg


マンリョウの実がたわわに付いて、赤が冴える。
c0367054_09444016.jpg

これすごく背が高くて見上げて撮る。
こんなに伸びるとは、お見事!! 179.png177.png179.png
c0367054_09485222.jpg


梅園の隣に熱海市立澤田美術館があって、入園者は無料。
澤田政廣(サワダセイコウ)明治27年、熱海生れ 彫刻家
私はこの方を存じ上げなかったのですが
仏教関係の作品があってワクワクしました。
役少角(えんのおづぬ)修験道の開祖の迫力ある彫刻が印象的。

無料で入ったけれど、蓮の花びらのしおり2セット購入2000円
c0367054_12381411.jpg






by chie2317 | 2019-02-14 12:47 | 散策、旅 | Comments(2)

鳥取砂丘

30.11.30
ツアー3日目
山陰松山遊覧
船に乗って島を見て巡ります。
外洋に出ると穏やかだった船が揺れます。
ガイドさんはジェットコースターに乗ったようだと乗る前に話していましたが、
景色が上下に動きまさにその通り。

鳥取砂丘
鳥取砂丘美術館に行く人が多かったけれど、私たちはゆっくりと砂丘を楽しみたいと言うことでここを歩きます。
雨上がりで砂がしっとりしていて歩きやすい。


c0367054_19015835.jpg
 

馬の背まで行くぞ 長靴を借りて張り切っています。

c0367054_18591831.jpg

天橋立
日本三景の一つ、初めて行きました。
例の又覗きやります。
友達は足をつかんで綺麗な姿勢 101.png

c0367054_19091325.jpg

観光はここまで、バスで京都まで行って新幹線に乗ります。
3日間しっかり遊んできました。
初めて行くところが大半で充実した旅となりました。
遠いところだったけれど、みんな元気に行って来られて良かった。



by chie2317 | 2018-12-19 19:29 | 散策、旅 | Comments(4)

出雲方面

30.11.29
二日目は私が前々から行きたかったところ足立美術館
朝一番に向かいました。
写真やテレビの特集などでよく見ていたけれど本物はどうなの?
裏切らないでね、ちょっとドキドキしながら、入っていきましたよ
これこれ 実物が目の前にある 
展示物を見ながら廊下を進むとまた庭が見えるようになっている。
c0367054_19593297.jpg



c0367054_19595189.jpg


横山大観「紅葉」の展示がこの日最終日だったそうでなんと運のいいことでしょう。
大作を見ることが出来ました。
いい物たくさん見て朝から感動していました。



第2の国宝、出雲大社
やっぱり巨大なしめ縄ですね。
毎年替えないで7年くらいで取り替えるそうです。
今のはまだ新しい。
c0367054_20093353.jpg

第3の国宝 松江城
柱が寄せ木でくさびをたくさん打ち付けてあるのが印象的
実践の城と言っていましたが、優雅な城と違って荒々しく昔の戦人の雰囲気が漂っている気がします。

松江城主7代目松平不昧公は茶人でもある。
参勤交代で島田宿に立ち寄ったとき、清水屋のまんじゅうを一口で食べられる大きさにしたらと助言があって今の小饅頭になったそうです。
こちら静岡と縁があります。

c0367054_20392671.jpg

由志園
松平不昧公が財政を再建するために高麗人参を作った場所
牡丹の花が一年中咲いているとか、今回も咲いていました。
苗は静岡の可睡斎から持ってきたそうで、ここでも静岡と縁がありました。


この日のお泊まりは、はわい温泉、望湖楼
湖上温泉が売りです。

夕食時間まで余り時間がありません。
私たちの行動は早かったです。
無料の卵をもらう時間切れになる前にもらい、部屋に行き荷物を置いて支度してする。
桟橋を歩いて湖上温泉に向かう。
温泉卵を作る所に卵を漬けて温泉に入る。
卵がゆであがる時間まで湯に浸かる。

湖の見える温泉はなかなかのもの、
バラの花が浮かぶ湯船に浸かりながら、湖を眺める
ゆで卵を持って部屋に戻り、夕食を食べに行く。

夕食はグループごと配膳されます。
すごい豪華、次々に運んできてもうお腹いっぱい
夜は別のお風呂に入って、朝はまた湖上温泉、温泉三昧な二日間です。


by chie2317 | 2018-12-14 21:47 | 散策、旅 | Comments(2)

姫路城

孫達が帰り静けさが戻ってきたけれど、用事がたくさんあって年末掃除は20日過ぎだわ。


11月末に紙芝居の仲間3人で、2泊3日のツアーに参加しました。
「三つの国宝と足立美術館」

30.11.28
家を6時半に出発、新幹線で新大阪まで行き、バスに乗ります。
 
新幹線の中では三人いるので遠くても時間に長さは感じない。
新大阪で降て歩きながら、ひとりが新幹線の中へ帽子を忘れたと言う。
「買ったばかりなのに」 残念 残念
慰めの言葉もそこそこに、集団に遅れをとらないように迷子にならないようにガイドの旗を見つめて、駅の人混みの中をバスへと向かう。
今回は29名で行動します。
夫婦、家族、友達、色々なグループです。
私たちは女子会。

初日は、一つ目の国宝 姫路城
塗り替えをして真っ白すぎると言われていましたが、3年経ち落ち着いていました。
改めて大人の目で見て、建築材料が素晴らしく良いものだと感心しました。
石垣が大きい石と小さい石が混ざっているのも不思議、小さいのが抜けないのかしら

紙芝居倶楽部で「さらやしきのおきく」という紙芝居を上演しますが、姫路城内におきくの井戸があります。
本当にあるんだね~ 今度やるときは、「おきく井戸を見てきたよ」と話せるね~
でも井戸を撮す勇気が無くて撮りませんでした。
撮っている人もいましたよ


c0367054_20245291.jpg

鳥取県大山温泉、ロイヤルホテル大山に泊まる
温泉に三回も入って、和室で布団並べて寝ました。
初日は移動が長くて一カ所だけの見学でしたが、2日目は盛りだくさん、楽しみ~
初めてのところが多いのです。




by chie2317 | 2018-12-12 21:05 | 散策、旅 | Comments(0)
30.8.27
孫ちゃん達と大井川鐵道のSLと、トーマスに乗りました。
天気は晴れ、暑い日です。
SLは、空調設備がないからと、保冷剤や団扇を用意
各自がリュックに荷物をたくさん詰め込んで行きました。

新金谷に着くと、駐車場は河川敷と言われUターン、鉄橋下の日陰に駐車。
観光バスで新金谷駅に向かいました。
おちびちゃんはバスに乗れて喜んでいます。

早めに来たので先に出るトーマスを見送りました。
c0367054_17414533.jpg

駅舎から撮しています。
c0367054_17421557.jpg

私たちはSLに乗って千頭駅に行きます。
乗った車両は鉄と木で出来ていて、床も窓枠も木材、網棚もあります。
材質に感動します。
窓もドアも手動。
c0367054_18001311.jpg
地元なので沿線はよく知っていますが、今日は観光客になっています。
いつも車で行く道を、線路のある対岸から見て走ります。

家山駅に近くなると、沿線にいる人達が手を振ってくれます。
列車内の人達たちもそれに答えて手を振ります。
畑にいる人も、駅にいる人も、カメラマンも。
川根温泉では、温泉の中から裸ん坊で20人くらい振ってくれていました102.png
おもてなしの心が伝わって温かいものが感じられます。
心の交流ができていいなあ110.png

お弁当食べたり、景色を見てたりしてたら1時間10分の乗車時間はあっという間。
おちびちゃんもお利口さんで席に座っておしゃべりしていましたが、半分はお昼寝タイムでした。


千頭駅ではヒロ、パーシーが待っていてくれます。
c0367054_18013289.jpg
千頭駅からの帰りはトーマス号に乗車。
予約制なのですが、聞いたら席が空いているとのことで急に乗ることにしました。
列車内は、さっきより新しい年代のもので窓枠が金属、西日が反射してまぶしい。
列車内はトーマスの飾り付けがしてあります。

窓の外には赤いバスのバーディーが道路を併走しています。
トンネルや山の道路の具合で見えたり見えなかったり。
これは子供達にとって、探すのが楽しみだと思います。
帰りの列車も、おちびちゃんはぐずることがなく、楽しんでいたようです。

暑くて保冷剤を首に乗せて使いましたが、窓を開けてあるので団扇はいらなかったです。
家族は服にススがついたと言っていましたが、私は老眼で細かいものはよく見えませんでした。
体にもついたようなので、よ~くお風呂で洗いました。
みんなで列車の旅は楽しいし、観光客になってウキウキ気分でした。


by chie2317 | 2018-08-28 19:49 | 散策、旅 | Comments(4)

焼津の小さな街並み

焼津にて、昔からの友人と三人で会いました。
焼津の食堂に行く前に近くで買い物。
前にいただいた麺汁が美味しくて購入。
焼津は魚河岸シャツが有名、シャツやその生地で作った小物を販売している古民家でポシェットを買いました。
柔らかくて手触りがいいです。
携帯を入れようと思います。

この付近は昔からの家で風情ある街並み。
小さいお店が並んでいて、よく見ないとお店と気がつかないほど控えめ。
色的には木の茶色で派手な人工の色がなく落ち着いています。
間口が狭くて奥が長く広いようで工場や作業場があるようでした。

食事は海鮮丼、丼にのっている種類は少ないけれど、寿司飯も魚も美味しかった。
ここでしばらく近況報告などしてしゃべって来ました。
焼津の海のそばです。

c0367054_20303391.jpg

by chie2317 | 2018-06-30 21:04 | 散策、旅 | Comments(0)