日々の感動 ときどき猫


by ちえ窓
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2018年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

孫帰る 

3泊4日して娘と孫が帰っていきました。
帰る間際に、じいじがお勤めから帰ってきたので、一緒に電車を見に行ってからお別れをしました。
車に乗る前に「帰るの嫌」「じいじと一緒にいく」と言っていたので、車に乗せるのが手こずるかと思いましたが、
じいじに外から車の座席に乗せてもらって、じいじは一緒に行かれないことが解ったらしく観念したように静かになりました。
いや~ってだだをこねて泣くことなく、座ったら顔を反対の方に向けていました。
別れが辛くて我慢しているのか、その仕草がなんだか切なくなりました。



「ばあば~ じいじと貨物みた、ママと通勤電車みた」「ピーポーピーポーって救急車きた」と話しかけて
お話いっぱい出来るようになったね。
また電車見に行こうね。


「電車あっちからくる 電気光ってるね」


c0367054_08234252.jpg
 
貨物が大好きちびっこ
「貨物だぁ」

c0367054_08253749.jpg

毎日電車見に踏み切りに行っていました。
ここの踏切は車が通らないので安心、地元なので知り合いにも良く会います。

撮り鉄さんの話によると少しカーブしているので電車が正面から撮れるらしくて良いそうです。


[PR]
by chie2317 | 2018-09-25 08:30 | 家族 | Comments(4)

電車見に行く

上娘と孫が連休でやって来ました。
家にいると踏切の音が大人には聞こえないけれど、孫には聞こえるらしく「カンカン言ってる」と見にいこうという。
ママとお出掛け
帽子忘れたので保育園の帽子かぶっています。
c0367054_16381333.jpg



c0367054_16394900.jpg
踏切を渡る人が声を掛けていくので
「こっちからくる~」「電車来る~」って答えます。
貨物列車は警笛を少し鳴らして手を振ってくれました。

[PR]
by chie2317 | 2018-09-22 16:46 | 家族 | Comments(2)
30.9.17
町内敬老会
朝9時からお達者クラブのスタッフ10名と町内役員5名は、80才以上の方へ配る紅白まんじゅうとお花を組別に分けました。
10時から組長が受け取りに来ます。

11時半からの敬老会開始に向けて、配膳の準備します。
席に付くのは75才以上の方からで来られる方は50数名。
弁当に一人ずつつける漬け物を、有名某コンビニが発注し忘れたといって、各店に集めに走ったとかで、バラバラの種類と大きさが届きました。
これでは不公平が生じるからと小さなお皿に分け直ししました。
思わぬ事に少しバタバタしましたが一件落着。

敬老会では毎年ハーモニカの演奏をします。
今年はメンバーの入れ替えがあったようで、饒舌な司会者がいらっしゃいました。

子供会からは歌を披露してくれます。
指揮は、元校長先生の児童民生委員で、本番前に10分くらい練習しました。
子供達はいきなりだったからか、声が出ませんし歌っていない子もいます。

それを厳しく優しく指導する様子を見ていて、さすがプロの指導だと感心してしまいました。
この方、たまにスタッフで手伝っていただき知っている方で、いつもと違う教師の一面を見ました。
この日の一番の感動はこれでした。

c0367054_18055231.jpg







[PR]
by chie2317 | 2018-09-20 18:08 | 日々のこと | Comments(0)

雨の山寺

今日はしぶしぶとした雨降り、法事のお勤めがあり、お寺に行きました。
傘立てがなくてビールの空き箱出してある、
買わなければと前から思っていても忘れている。

母は敬老会で出かけていた。
山の中なので送り迎えをしてもらえます。

先日、倉庫の屋根のトタンが飛んだ所を大工さんに修理してもらいました。
よく見ると屋根の骨が大きく浮き上がっていて、叩いても戻らないらしく、きちんと直すのにはトタンをはがさなければならないそうだ。
お金を掛けるのもなんなので、応急処置になりました。
垂木がさらに浮き上がらないように止めてくれました。

また、窓ガラスも割れていたので、ベニア板を貼り付けてもらうことにしました。
ガラスの枠の部分が、折れていたり腐っていたりしている。
だんだんと壊れていく倉庫をみて、倉庫の中を早く片付けろと急かされた気がしました。


c0367054_22115946.jpg


[PR]
by chie2317 | 2018-09-15 22:20 | 日々のこと | Comments(2)

寺役

お寺の境内の草刈り等の作業に、今年のお当番集落の檀家さん5人が午後から見えました。

初めにリーダーの方が「分担を決めてやっていこう、僕はチェンソーで桜の枯れ枝を切ってから、本堂の裏の傾斜がきついところをやります」
年齢が一番多い方が「俺は平らなところ」
と各自自分の所に向かって行きました。
リーダーは一番きついところを率先してやるもんなんですね。
この方、普段の仕事でもリーダーなので、統率がとれています。

草刈り機のブイ~ンバリバリと音が響き、作業がどんどん進んでいきます。
夕方5時過ぎには刈り終わりました。
羊の毛をはぐように見事にスッキリした景色に変わりました。
彼岸花が咲き始めていましたが、刈った後にもきっと次々咲いてくると思います。

キンモクセイも満開、香っていました。

c0367054_22481084.jpg

[PR]
by chie2317 | 2018-09-13 22:57 | 日々のこと | Comments(0)
30.9.12
お達者クラブは月一回開催されます。
会員さんは80才以上。

リズミックという音楽療法の講師をお呼びしてありましたが、参加者が少ないです。
会員さん8名とスタッフと町内会で22名の参加。

今日は、JAご招待の歌謡ショーの日と重なってしまい
コロッケ(物まねの)に会いに行ってしまったようです。

講師の先生には申し訳なかったですが、先生は人数少なくても楽しめる対策を考えてくれました。
席をUの字に替えて、ハンドベルを使うことにしたりと。
いつも元気な先生はエレクトーンを弾いてのご指導
みんなは歌いながら体を動かし、難しい課題にも挑戦し翻弄されながらも笑って、楽しい時間を過ごしました。

c0367054_20355603.jpg


[PR]
by chie2317 | 2018-09-13 07:20 | ボランティア | Comments(2)

オカリナむずかしいよ

8月は用事のため休んでいたオカリナ教室に出かけました。
しばらくぶり~って挨拶
休んでいたのにあまり練習しないで行ったので自信が無く、心細い気分。
宿題やってこなかった小学生時代の自分みたい。

今日の練習曲は「夢路より」
私のパートはセカンド、合奏してみたら、変だセカンドが強すぎるとおっしゃる先生。
数えたらファーストの人数が少ない。
誰か一人ファーストに行ってと言う。

4月から練習してきたのだから、誰もパートを替えたくない。
みんな黙っていると、「じゃあちえさん変わって」
座っている場所がちょうど境目だったので名指しされました。

初めてのパート全く吹けないよ~
先生に出来ませんと言ったら「練習しないうちから出来ないと言わない」と言われました。
つれない言葉だったけれど、私のためにみんなで一緒に練習してくれました。
目の前真っ暗だったけれど、少しだけぼんやり灯りが見えた気がしました。
高音が続く小節があって指使いが難しい、こういう所は楽譜見ないで吹けるようにするのだと。
自信の無い私に試練が課せられた日でした。





[PR]
by chie2317 | 2018-09-10 20:26 | 習い事 | Comments(4)
実家に行きました。
小屋で雨漏りがしていたから一度屋根に登ってみようと、はしごを掛けて登りました。
めくれ上がったトタンは、浮き上がっている釘を金槌でたたいて戻しました。
軒先のトタンは穴が開いていたけれど、トタンを入れ替えるには作業がちょっと怖いからやめた。

もう一カ所は元お茶工場だったところ、倉庫にしています。
このごろ、2回も雨漏りがしていて原因を突き止めなくてはと思っていました。
今日、屋根のてっぺんのトタンがはがれて下に落ちていることに気がつきました。
この前の台風の強風で飛んだんだと思います。

はしごを掛けて、低い屋根からこわごわと三つの屋根を上がりながら一番高いところにたどりつきました。
落ちたトタンと金槌など道具も持って。
トタンを差し込んだけれど、その下の木が一部折れて無くなっているので釘が打てない。
仕方ないからプロに見てもらおうと、近くの大工さんを呼んできました。
やはり木が無いとトタンが打てないとのことで、ここのところは大工さんに修理をお願いしました。

私はDIYは苦手。
田舎では何でも器用に出来ないとちょっとした小屋も直せない。
勿論小屋なんかは、各家のお父さんが自分で建ててしまうのですが。
みんな器用だなぁって感心します。





[PR]
by chie2317 | 2018-09-09 21:45 | 日々のこと | Comments(4)

片付け術

「シニアのためのモノの整理と心の整理」の講座を受講しました。
講師は整理収納アドバイザー、メディアにも登場するおきれいな方でした。

片付けは「捨てる」というともったいないと思うけれど、「納める」と言い方を変えると手放しやいようです。
いつか使う、高かったから、思い出のものなど捨てられない理由はあるけれど、物であふれた家では快適な暮らしはできない。
片付けのアドバイスに個人宅に行く事があるそうで、写真を見せてもらいました。
お金持ちの家らしいですが、クリーニングしてビニールかぶった洋服が部屋中に散らかって通り道だけ空いている状態、一人では手に負えなくてアドバイスをお願いしたのでしょう。
そんな家は数が少ないと思いますが、普段の片付けがないとそんなことに。

アルバムの整理もたいへんです。
昔のぶ厚いベリッとめくるアルバムは場所をとるので、上手にはがして、差し込むのに入れ替える。
同じような写真はどれか一枚に。

足元がおぼつかなくなったときの転倒防止や、気持ち良く暮らすために過剰なモノは置かない。
何よりモノが少ないと毎日の掃除が楽。
年をとると片付けをする気力も体力もなくなってきます。

今、元気なうちに少しずつでもやっておくことが大事と刺激を受けてきました。






[PR]
by chie2317 | 2018-09-08 23:02 | 日々のこと | Comments(4)

北海道震度7

台風21号の被害のニュースの翌日は、北海道の震度7の地震、思いがけないことが起こります。
広範囲で山が崩れている現象に驚き、自然の驚異を感じます。
被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

こんな大災害の最中に雷の被害など些細なことですが
実家の電話が使えなくなったこと昨日ブログに載せましたが、今日使えるようになりました。
NTTの故障電話に掛けてもテープが流れるばかりだった昨日ですが、24時間体制になっているとのことで、午前3時に電話したら繋がったとのこと、今日修理に来てもらえました。

実家との連絡が出来るようになって一安心。
実家の近所の家は、テレビがまだ直っていなくて夜が長いとラインが入りました。
情報が入らないから北海道の地震も知らなかったと。

娘家族は、明日北海道旅行の予定でしたが、キャンセルしたと連絡ありました。
綿密に計画立ていたのを見ていただけに残念だったと思います。






[PR]
by chie2317 | 2018-09-06 21:43 | Comments(2)